変わる大学入試

2020年、大学入試・志望校選びが変わる!

現代社会が抱える、グローバル化の進展、産業構造や就業構造の転換、生産年齢人口の急減、労働生産性の低迷といった問題に対し、求められる力が変化してきています。2020年、その変化に合わせ、大学入試も抜本的に改革されます。
入試において、「自ら課題を見出し、周囲と協力して解決する力」が求められるようになるのです。
[従来]
・どれだけの知識を詰め込むことができたかを重視。
・自分の偏差値に見合った学校を「志望校」に。
[これから]
・知識偏重から思考力・判断力・表現力を重視。
・大学のアドミッションポリシーと合致するところが「志望校」に。

思考力・判断力・表現力はどこでトレーニングすればいいの?


思考力・判断力・表現力の評価は、学力と、「高校時代の多様な活動の言語化」を合わせた「多面的・総合的評価」で行います。大学入学共通テスト対策といった学力の部分をトレーニングする学習塾・予備校はたくさんあります。しかし、「高校時代の多様な活動の言語化」をトレーニングする学習塾はほとんどありません。面接、小論文などは学校の先生が放課後のオプション指導の範囲でとどまるケースも多いのです。

SGSG塾でできること


・偏差値で選ばない本当の志望校選び
・学校の先生にはわからない大学入試担当者の目を引く志望理由書の書き方
・オープンキャンパスで聴くべき鉄板質問
・アウェイをホームに変える面接
・グループ討論型入試必勝法
・学校の先生にあなたの志望を反対されたときの対処法
・短時間で定期テストの点数を上げる時間の使い方(評定平均値対策) 
・現役大学生インターンによる「先輩ノウハウ」アドバイス

のむたい先生だからできること

1.高校現場での豊富な指導経験
2016年3月まで15年間高校教諭として現場の最前線で指導してきました。
・学級担任7年
・司書教諭2年
・全国大会レベル部活動指導8年
・学年副主任1年
・教科主任6年
・コース主任2年
・進路指導副課長1年
2.大学の特任講師として入試の最前線を研究
2017年より大学の特任講師として教育学(教職概論・社会科教育法)の研究室に籍をおいています。主として、教職制度およびPBL(課題解決型学習)の実践研究を行っています。

PBL(課題解決型)の学習塾

PBL(課題解決型)とは

Project-Based Learningの略でアメリカの教育学者のジョン・デューイの学習理論。求められるテーマに対して、知識、汎用的スキル、態度 を、統合的に展開していくことに主眼を置き、学習をすすめていきます。

SGSG型PBLの流れ

問題事例の提示→グループによる問題解決学習→学習成果の発表→相互評価
以下のルーティンを繰り返すことにより、大学入試に必要な思考力・判断力・表現力を身に着けます。
・仮説の設定(グループ)
・先行事例・知識のインプットなどの自己学習(個人)
・自己学習の報告会と相互評価(グループ)
・仮説の検証(個人)
・まとめ(グループ)

#おかやまJKnoteの活動と併用で更に実践力を磨く

#おかやまJKnote

#おかやまJKnoteは一般社団法人SGSGの高校生活動部門として、2018年1月に結成されました。「学校」の枠を越え、「自分のやりたいこと」と「社会のニーズ」を結びつける活動を行う高校生有志の団体です。【JK=ジャスト高校生】ちょうど高校生世代が地域の大人と対等に活動することにより、そのことが社会変革につながり、JKによる新たな価値創造を目指しています。 #おかやまJKnoteホームページ

高校時代の多様な活動の実績作りに最適な場

商店街でのイベント企画、西日本豪雨災害復興情報発信「MABI PAPER」、地元企業のマーケティング請負、YouTubeによる動画制作、自分たちのやりたいと思ったことは地域の起業、NPO、行政などとコラボしてすぐに実行します。学校の形だけの「ボランティア」では評価されない部分を完全にカバーします。

出願時に提出可能な活動証明書を発行します

#おかやまJKnoteでの活動参加者に対し、社会貢献活動実績として大学入試出願時に提出可能な活動証明書を発行します。(一般社団法人SGSGの理事長名での発行になります。)

JKnoteの確かな成果

#おかやまJKnote会員進学先
<2017年度卒業生> 慶応義塾大学 高知大学
<2018年度卒業生> 高知大学 鳥取大学 川崎医療福祉大学 他

学力対策

最短の時間で最高の成績を!

独自のメソッド「〇△×勉強法」による勉強時間の最適化により、短時間でより高い成績を実現させます。学力アップのために長い時間はかけません。
成果例  A君 高校1年3学期 学年末テスト 数学Ⅰ20点  →  高校3年2学期期末テスト 数学Ⅱ 100点
SGSG塾日常の様子はこちらのブログで公開中

受講コース・料金など

こちらをクリックください

sgsg

sgsg